飲む日焼け止めは海外製のものも販売されている?

飲む日焼け止め,海外製,販売
飲む日焼け止めには海外製のものと国産性のものがあります。飲む日焼け止めの仕組みや考え方は同じなのですが、その効果や持続時間には多少変化があります。国産品は、持続時間や効果の現れるまでの時間にバリエーションが多く、海外の商品では、効果が現れるまでの時間が短く、効果も短いという特徴があります。

 

 

 

海外で有名なのはヘリオケア

飲む日焼け止め,海外製,販売
海外の日焼け止めサプリといえば、ヘリオケアです。TV番組で紹介されて以来人気に火がついて、日焼け止めサプリを飲むきっかけになったという人も多いです。ヘリオケアの特徴は、効果が現れるまでの時間は短くて30分程度であり、効果の持続する時間は3~4時間と短めになっています。一日中、紫外線ケアが必要な場合には、塗る日焼け止めと同じような使い方をして、効果が切れる前に、再度飲む必要が出てきます。ヘリオスケアを始め海外製の日焼け止めサプリメントに成分は、独自の特許成分のファーンブロックを使用しているのが特徴です。

 

シダから抽出したエキスで活性酸素を抑制することを目的としています。日本では最近有名になりましたが、シダ植物はアメリカではインディアンが皮膚の治療に使っていた歴史もあり、数十年前から利用されている植物性のエキスになります。皮膚科学会での研究結果や長い間利用者から支持を得ていることも、信用できる商品として使用することができます。アジア向けに作られているピュアホワイトラディアンスマックス240には肌のターンオーバーを促進させるLシステインが含まれており、紫外線を防止するだけでなく、美肌に働きかける成分も含んでいるのが特徴です。

 

アジア向けのヘリオケアは中国で生産されています。国内品の方が安全だと感じる場合には、国産品の飲む日焼け止めを使用するのもいいでしょう。国内産の場合には、ニュートロックスサンが主成分のものが多くなっています。国内生産で安全ではありますが、ローズマリーには月経を促進させる効果があるということで、妊娠中や授乳中や生理が2回来るなどの副作用がある場合には飲まない方がいいでしょう。国内で販売されているアジア向けのヘリオケアピュアホワイトは海外製ですが、国内の代理店で販売されており商品の出どころがしっかりしているので安心してお使いいただけますが、楽天などで販売されているヘリオケアウルトラDなどは注意が必要です。

 

 

エステや美容整形外科で処方してもらうのもいい。

飲む日焼け止め,海外製,販売
海外製の日焼け止めサプリは、美容クリニックでも販売していることがありますので、美容クリニックで処方してもらうのもいいかもしれません。正規品を手に入れることができます。ヘリオケアの使い方もきちんと説明してもらえますし、取り扱っているかどうかをきちんと確認してみるのがいいでしょう。輸入品であれば一瓶あたり3900円程度で購入できるものも多いです。

 

個人輸入で購入することもできますので、探してみるといいでしょう。ヘリオケアの場合には皮膚科に行くとお医者様が勧めてくれることもあります。できれば、塗る日焼け止めを併用して、紫外線対策を行っていくといいでしょう。できれば美白成分が入っていると、美白ケアも一緒に行えますのでいいでしょう。

 

 

まとめ

飲む日焼け止め,海外製,販売

海外製の飲む日焼け止めについてご紹介していきました。海外製のものは正規品であれば品質なども問題ありませんが、類似品なども販売されていますので、注意が必要です。また海外のものはその国の人用に作られており、日本人の体質には合わないものもあるかもしれません。できれば、正規のルートで手に入れましょう。飲んで体調が悪くなることがあれば直ちに中止してお医者様にみてもらってください。

 

トップページ