飲む日焼け止めはなぜ日焼けをしないの?その仕組みをご紹介

飲むタイプの日焼け止め,なぜ日焼けをしない,仕組

 

飲む日焼け止めはどうして日焼けをしないのでしょうか。日焼けはメラニン色素の増加により肌が黒くなっていくことですが、その仕組みについてご紹介していきます。

 

 

 

紫外線によって肌細胞の酸化が起こる。

飲むタイプの日焼け止め,なぜ日焼けをしない,仕組
人の肌は紫外線を受けると科学的な反応によって肌細胞を作っている原子に変化を起こして、フリーラジカルという物質を作り出します。フリーラジカルは活性酸素の一種です。フリーラジカルには、他の原子のマイナス電子を奪ってその原子のバランスを破壊するという性質があります。

 

この作用によって起こるのが肌細胞の劣化です。細胞の酸化は細胞の変形や死滅の原因になるので、体にとって酸化を起こす紫外線は大敵になります。この酸化を食い止めるべく生成されるのがメラニンという褐色の色素です。この色素が肌細胞にできることで、紫外線をブロックします。黄色人種が白色人種よりも皮膚がんの発症率が低いのはメラニンによる紫外線ブロックの効果であるといわれています。

 

酸化を防ぐ抗酸化物質

 

酸化を防ぐためにメラニンが生成されるのが日焼けの原理になりますが、その酸化を防ぐ効果があるのが、「抗酸化物質」です。飲む日焼け止めの主成分には抗酸化作用の強い成分が入っていることが多いです。抗酸化物質は細胞の酸化の連鎖を抑制する効果があり、メラニンの生成を防いでくれますので、日焼けを防ぐことが可能になります。植物の色素成分にも、紫外線から身を守る効果があります。飲む日焼け止めには色素成分が配合されています。

 

ルティンという色素は、マリーゴールド(オレンジ色の花の一種)などに含まれる色素ですが、紫外線に対する耐性が強く、人に対して使用した場合には、目の網膜の抗酸化作用や目に入る紫外線のブロック作用があります。トマトに含まれているリコピンにもビタミンEの1000倍の抗酸化作用があり、トマトが強い日光を浴びても参加しないのはリコピンの効能によるものと考えられています。

 

抗酸化作用は30代を過ぎるとぐっと落ち込む

 

もともと人間の体には抗酸化作用が備わっていますが、30代を過ぎたころからその作用がぐっと落ち込みます。抗酸化作用をもたらす酵素の生成が30代以降では落ち込むことが原因と言われています。ですので、抗酸化作用の強いサプリメントや食品を取ることで、紫外線から身を守り、酸化物質を体内に増やさないようにすることが重要になります。

 

飲む日焼け止めには、体内での活性酸素の発生を穏やかにするという効果は期待できますが、紫外線を完全にカットするというものではありませんので、紫外線対策を行う際には、日焼け止めクリームを直接塗ったり、目から日焼けしないようにサングラスをかけたり、ストールや手袋で紫外線をカットするなどの紫外線対策も必要になるでしょう。飲む日焼け止めを併用することで、今までフォローしきれなかった日焼けを防ぐことができます。

 

まとめ

飲むタイプの日焼け止め,なぜ日焼けをしない,仕組
飲む日焼け止めが日焼けに効くメカニズムについてご紹介していきました。紫外線を浴びたときにおこる体内の活性酸素の増加を抑えてくれる効果が期待できるということで、メラニンの生成を抑えて日焼けを防止するというメカニズムになっています。

 

マリーゴールドの色素やトマトの色素など植物の色素には紫外線から身を守る成分が多く含まれていますので、そういった食品を取ると紫外線対策にもつながります。飲む日焼け止めには美白美容効果のある成分も含まれていますので、併せて使っていくことでより美白へとつながっていくでしょう。飲む日焼け止めを飲んだら日焼けをしないというわけではないですので、あくまで補助的に使っていきましょう。

 

トップページ