飲む日焼け止めは真夏に飲んでも効果的?

飲む日焼け止めは真夏に飲んでも効果ある?
炎天下での作業も多くなる夏場に、飲む日焼け止めサプリは効果的なのでしょうか。塗る日焼け止めも併用した方がいいのでしょうか。飲む日焼け止めの効果的な飲み方をご紹介していきます。

 

 

 

飲む日焼け止めサプリの効果は4~6時間

 

飲む日焼け止めサプリの効果は、飲んでから30分以降に効き始めて、約4~6時間効果が継続します、よって、外出する30分前に1粒と外出してから4,5時間後に1粒飲むことが効果的です。外出する直前に1粒飲むと、30分の間にしっかり日焼けするでしょう。5~6時間後には効き目も切れますので、効果が切れたころに再度飲むのもいいでしょう。日焼け止めサプリメントは飲み続けることで、体質そのものが紫外線に強い体質に改善されて、体の内側から紫外線をしっかりブロックしてくれるようになります。

 

ですので、飲む日焼け止めサプリを飲むであれば、真夏になる前の2~3か月前から継続的に服用することで効果が感じられるようになるでしょう。特に、紫外線の強い真夏や紫外線の強い場所では、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを両方へいようすることで、相乗効果がアップするでしょう。

 

 

 

ニュートロックスサンの効果は継続使用にあり

 

飲む日焼け止めに配合されているニュートロックスサンの効果は、3か月の継続的な使用により、60%の紫外線をカットするとの研究結果が出ています。ニュートロックスサンを配合している飲む日焼け止めの場合には、3か月は継続して飲むことをお勧めします。クロセチンなどの成分は、即効性のある成分ですので、すぐに日焼け止めに効く効果も期待できますが、真夏から飲み始めるよりは、春先から飲み始めて、夏の一番紫外線の強い時期に紫外線をカットできるようにしておくといいのではないでしょうか。

 

紫外線は特にしみやしわの原因となるUVAは一年中降り注いでいますので、いつ飲み始めても遅いということはありません。日差しの強い真夏の時期には塗る日焼け止めと併用することでより焼けずに毎日を過ごすことができるでしょう。

 

 

飲む粒数をコントロールする

飲む日焼け止めは真夏に飲んでも効果ある?
紫外線の少なくなる秋〜冬は1~2粒に抑えて、日差しが強くなる春夏には4~5粒に摂取量を増やすのもいいでしょう。飲む日焼け止めは継続的に続けることで効果がありますので、冬場は止めてしまうのではなく、飲む量を減らして継続するといいでしょう。365日続けることで、効果も継続しますし、飲む量を増やすとその分効果も発揮しますので、飲む量を季節によって変えるというのも一つの方法です。

 

もちろん、UV傘やストールなどのUVケア商品も一緒に使うことをお勧めします。眼からも日焼けをしますので、サングラスもかけるとより効果的です。飲む日焼け止めには日焼け防止の効果だけではなく、美容効果にも優れた成分が入っていますので、飲むことで美肌効果なども期待できます。

 

 

 

まとめ

飲む日焼け止めは真夏に飲んでも効果ある?
飲む日焼け止めを真夏に効果的に飲む方法についてご紹介してきました。継続的に飲むことで、体の体質を紫外線に強いものに変化させていく作用がありますので、紫外線が少ない時期からの継続的な使用が効果的です。

 

真夏に飲み始めると効果が弱く、そのままだと日焼けをしてしまうかもしれません。飲む日焼け止めだけに頼らずに、日傘や塗る日焼け止めなども併用するとより日焼けを阻止できるでしょう。できれば365日毎日飲み続けるといいでしょう。夏の暑い日には直射日光に当てないように注意してください。保存状態をしっかりしておくことでより効果的に紫外線をカットできます。飲む日焼け止めは医療品ではないので、いつ飲むなどの明記はありませんが、外出時間などを目安に服用するとより良いでしょう。

 

トップページ