飲む日焼け止めの副作用は?授乳中の人や食物アレルギーのある方は?

飲む日焼け止め,副作用,授乳中
日焼け止めというと白いクリームを肌にぬるイメージがありますが、最近では飲む日焼け止めも存在します。サプリメントとして取り扱われており、天然の成分を利用して作られています。そんな飲む日焼け止めの副作用についてご紹介していきます。

 

 

 

天然成分配合の飲む日焼け止め

飲む日焼け止めの副作用は?授乳中の人や食物アレルギーのある方は?
日本で販売されているサプリメントには天然の成分であるために問題ないという表記を見かけます。飲む日焼け止めサプリの主成分はシダから抽出されたものが主成分となっています。成分の最後の方には酸化チタンと書かれており、酸化チタンは本来岩石に含まれている成分となります。多くの日焼け止めには、紫外線を吸収するために使用されています。酸化チタンが飲む日焼け止めに配合されている理由は定かではありませんが、体重1kgあたりで7.5mgで有効という結果が出ています。そこまでの量がサプリメントに配合されているというのも定かではなく、副作用はないものの、その有効成分には効果が上がっているのかは疑問のものもあるようです。

 

しかし、飲む日焼け止めは、医師の監修のもとに開発されており、安心安全のGMP認定工場で生産されています。口コミなどでも心配になるのはその安全性ですが、飲む日焼け止めも国内工場で認可されたものが販売されていることも多いですので、安心して使うことができます。飲む量は一日に1回が目安です。美容ケア&エイジングケアとして効果の高い美容サプリとして効果を発揮します。

 

 

 

 

年齢性別関係なく飲むことができる

 

天然由来の成分でできているので、子供でも使用できるのが飲む日焼け止めになります。医師が監修しており、皮膚科などの医療機関で採用されているサプリメントであるために、年齢性別を気にすることなく使えます。医療品という位置づけではなく、サプリメントであるので、食品として飲むことが可能です。

 

生産も国内産のものもありますので、安心して飲めるでしょう。ライザップを運営している会社からも販売されており、自分で購入して飲むことも可能です。飲む日焼け止めは効果がありますが、炎天下の下にいると真っ黒になってしまうこともありますので、塗る日焼け止めとも併用するといいでしょう。

 

 

 

授乳中の人や食物アレルギーのある方は要注意。

飲む日焼け止め,副作用,授乳中
日焼け止めに含まれる成分にはローズマリーが含まれていることがあります。ニュートロックスサンが主成分の飲む日焼け止めの場合には、ローズマリーの成分で、子宮収縮作用があり、月経の周期が早まったりする副作用が報告されています。経血の量が増えたということも報告されていますので、妊娠中などの場合には、使用を控えることをお勧めします。

 

授乳中なども、成分が母乳に移るとよくありませんので、控えた方がよいとされています。ナリンゲニンやカルノシン酸も副作用に懸念があることがありますので、飲む日焼け止めを服用する際には、成分などにも注意するといいでしょう。

 

 

 

まとめ

飲む日焼け止め,副作用,授乳中
飲む日焼け止めの副作用についてご紹介していきました。中に入っている成分によっては、生理の回数が増えたりと婦人科系の副作用が出る方もいる様子なので、摂取する場合には自分の体質にあったものかを充分に注意して飲むといいでしょう。体調に少しでも変化がある場合には、使用を中止した方がいいかもしれません。植物由来の成分にアレルギーを起こすという場合もありますので、蕁麻疹やアレルギー反応が出た場合には、お医者さんに相談しましょう。飲む日焼け止めの配合成分はそれぞれの製品で異なりますので、自分に合った飲む日焼け止めが見つかるといいでしょう。パッケージの裏の成分をよく読んで、体調に変化のないものを選びましょう。

 

トップページ